January 21, 2005

寒風ダイビング

P1200001.JPGtago3

せっかくなので・・・
南国に限らず、今までの旅の想い出なんかも
書き残しておこうかな・・と思います。

「アジアンうさぎ」っていう訳わかんないタイトルだし、
日本もアジアンっていうコトで・・・

この写真は「伊豆・田子」です。
国内では、殆ど伊豆ばかりで潜っています。
近い!!というのが1番の理由ですが・・・
(本当は「小笠原」や「慶良間」なんかに行ってみたいです・・・)

 P1010126.JPGtago2 tago1

しかし、田子の外洋はとてもキレイです。
ソフトコーラルも美しく、透明度も高く、様々なお魚もいます。
日本の海も捨てたもんじゃないな・・と実感。

ただ難点は・・・やはり秋~冬にかけての方が海は断然キレイで・・・
あのやっかいなドライスーツで潜るコトかしら。。

私は寒~い(というか極寒)の2月初頭にOWを、
大瀬崎とここ田子で取りました。
なので、ドライでダイビングデビュー致しました。
その寒かったコト・・・・
寒いというより、痛いんですよね・・・・
鼻がもげそうでした。頭はぼ~~っとするし。。
迂闊に動くと「つーー」っと首筋や袖ぐりから冷水が入ってきたり・・・・

海の中よりも上がって来た後がツライ。
ボートだったりすると・・・まさに地獄です。
吹き付ける風は肌を裂き、感覚を奪っていきます。
積んである温かいお湯(命の水)で暖をとるのですが・・焼け石に水。
「どうしてこんなツライめに遭っているのかしら・・」
と薄れ行く意識の中で思ったり。。

なので、初めて南国で潜ったトキには天国のようにカンジたモノです。
あんな体育会系のツライのりじゃないんだ・・って。
特に、セブは殿様でしたから・・優雅なんてモンじゃありませんでした。

・・・でも、キンキンに寒い中の、あの澄み渡る海も・・・捨てがたいなぁ~と思います。
そして・・その後の温泉(本当はダイビング後は避けたほうがイイのですが)は至福のトキです。
縮こまった体がふぇ~~と溶けていきます。

では、この辺で・・・久しく埃をかぶったドライの出番は当分なさそうですが・・・

| | Comments (14) | TrackBack (0)